Native Instruments Komplete Kontrol S61購入

2017年6月13日 Konplete Kontrolの箱

これまで使っていたMIDIキーボードがOSの更新と共に使えなくなったため、Native InstrumentsのKomplete Kontrol S61を購入しました!

これまではRolandのA-500Sという、49鍵のMIDIキーボードを使用していました。購入は2010年で14,800円だったようです。しかし、昨年にPCのOSをWindows 10に上げてから使用できないことが判明、次のMIDIキーボードを探していたのですが、いろいろ考えているうちに1年以上が経過しました。

次のMIDIキーボードは、ある程度演奏もできるように49鍵よりは鍵盤が多いもので、今までのよりもより良いものをということで、NIのKomplete Kontrol S61を購入しました。購入はNIの公式サイトで、価格は82,800円でした。

2017年6月13日 Konplete Kontrol開封前

使用感としては、やはり良いなあと感じます。A-500Sは知り合いに譲ってしまったため既に手元になく完全な比較はできませんが、鍵盤の押し心地からして違いますね。まあ、価格が全然違いますからね。

2017年6月14日 Konplete Kontrol電源ON

ということで、大変良いMIDIキーボードを手に入れたわけですが、合わせて購入した音源のKomplete 11に入っているピアノの音源がとても良いですね!ちなみに、Komplete 11はセールでアップグレード版が半額となり、22,400円でした。このセールがあったというのも、今回買った理由のひとつです。

最後に、Komplete Kontrolでサスティンペダルを接続する際は以下のページが役に立ちます。ただ、今回何度やっても設定が変更されないと思ったら、Controller Editorを起動する際には管理者として実行しなければならないようで、そこでずっと引っかかっていました。

KOMPLETE KONTROL S-シリーズキーボードにサステインペダルやハーフダンパーペダルを接続する方法 – Native Instruments

それでは、以上MIDIキーボードを買いましたというお話でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。