IDCFクラウドからVultrへ移行

サーバ削除直前のIDCFクラウドの管理画面

なんということでしょう。先月のお知らせでIDCFクラウドが個人向けの提供を終了するという告知がありました。このブログなどは2018年1月からIDCFクラウドを利用していましたので、移行する必要が出てきました。上のスクリーンショットは移行作業が完了して、IDCFクラウドのサーバを削除する直前のものです。正月休みに暇でサーバ作りまくってるのがよく分かりますね…。懐かしい…。なんだか寂しいですね。ちなみにIDCFクラウドの前は、数年間、1台のさくらのVPSで動いていました。

そんなこんなで、次は前からアカウントだけは作ってあったVultrというところに移行してみました。

記事執筆現在のVultrの管理画面

Vultrの紹介はネット上にいろいろと記事がありますのでそちらを参照いただくとして、今回Vultrにした理由は日本にデータセンタがあって安いというところです。ネットワークの作りが違うので100%全く同じというわけではないですが、IDCFクラウドにあった6台のサーバをほとんどそのままの構成ですべて移行しました。サーバ作成のオプションで利用有無を聞かれるIPv6とプライベートネットワークを利用しています。また、最初はOP25Bが効いているので、外のメールサーバに直接メールを投げたい場合は、サポートに連絡して解除してもらう必要があります。

なおスペックとしては、IDCFクラウド利用時はすべてのサーバでCPUが0.8GHz相当を1コア、メモリが1GBだったのですが、Vultrではサーバに応じて変えています。多少ストレージが必要で仕方なく上位のプランを使ってるのもあり、サーバスペックによらずストレージサイズを決められるクラウドはやはり便利ですね。

最後に利用料金としては、これまでIDCFクラウドではIPアドレスを追加したりもして毎月6,700円程度の請求がありました。それに対してVultrは毎月46米ドル程度でしょうかね。今だと5,000円くらいです。

ということで、IDCFクラウドの個人向け提供終了に伴って、また元旦からサーバ移行作業をしたという話でした。使い勝手は変わったものの、料金も多少安くなり、これはこれで良い感じですね!このブログのサイドバーにアフィリエイトのリンクを張っておきます!w


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。