楽天モバイル無料サポーター契約

楽天モバイルの箱

いよいよ楽天モバイルの無料サポータープログラムの契約ができました!昨年10月に募集があった際には落選モバイルだったのですが、その時の応募者は今回自動的に対象となり、契約することができました。今回楽天モバイルのMVNOからのMNPで契約し、数日前にSIMとスマートフォンが届いたので、とりあえず使ってみています。

今回購入したスマートフォンはOPPO A5 2020です。最初はRakuten Miniにしようかとも思っていたのですが、せっかくなら海外ローミングもと思って確認したところ、対応バンドが少なくて海外では使いづらそうだなと思ったのでこちらにしました。国内で使うならほとんどがテザリング用途だと思うので、Rakuten Miniの方が良かったんですけどね。

OPPO A5 2020の箱

なお、今月末にオーストラリアに行く予定なので、そこで海外ローミングを試してこようと思います。ただ、オーストラリアならRakuten Miniでもつながりそうなんですよね。米国だとRakuten Miniは厳しそうですが、しばらく米国に行く予定はないので、OPPOかRakuten Miniか結構迷いました。あと、小さなスマートフォンが欲しかったんですよね。もっと多くのバンドに対応して、あとはSDカードも使えればRakuten Miniを選んでましたね。

とまあ、機種選定はすごく迷って、結果的にOPPO A5 2020にしたので、SIMカードも届きました。

楽天モバイルのSIMとスタートガイド

SIMを取りだしてみると、こんな感じにどこで切り取れば良いかを示した紙も入っています。OPPO A5 2020はnanoSIMです。

楽天モバイルのSIM

スマートフォンも開けていきましょう。箱を開けると、まずは付属品が入った箱がのっかっています。

OPPO A5 2020を開けたところ

それを外すとこんな感じで本体が。やっぱり大きいですね。

OPPO A5 2020

付属品はこんな感じで、ケースもついてきます。画面保護フィルムは元々貼ってあるので、とりあえず本体以外に何も買わなくても、傷つける心配はせずに使い始められるかと思います。

OPPO A5 2020の付属品

数日間使った感じとしては、まだ利用者が全然少ないということもあるでしょうが、普通に快適に使えます。新幹線で移動しながら使った際に、なぜかデータ通信ができなくなった事がありましたが、機内モードにしたりしたら直りました。もしかしたら楽天回線とKDDI回線が切り替わるタイミングだったのかもしれません。

あと、楽天Linkで無線LAN経由の電話発信時に非通知になるのは結構痛いですね。メインで使っているスマートフォンに発信したときに、非通知を拒否設定にしていたのを忘れていて、なんで繋がらないんだってなりました。これは改善されることに期待です。

ということで、僕の生活圏内では全然問題なく使えるので、4月以降の料金プラン次第では契約を維持したいと思える感じですね。無料サポータープログラムは残り2ヶ月弱で、そろそろ正式プランの発表もあるかと思いますので、楽しみですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。