USB-CなACアダプタ比較(前編)

USB-CなACアダプタたち

気がつけば身の回りにUSB-Cで充電できるものが増えてきたので、日常使いや旅行での使用など、それぞれの場面に最適なものを探すべく、USB-CなACアダプタをいろいろ買ってみました。

旅行はもちろん、日常使いでも、出先でPCとスマートフォンなどの複数機器を同時に充電することはあると思うので、今回はUSB-Cを2つ以上備えている以下の4機種を調べてみました。

  • HyperJuice 100W GaN ACアダプタ HJ-GAN100
  • CIO LilNob 65W GaN ACアダプタ CIO-G65W2C1A
  • RAVPower 90W 2-Port Wall Charger RP-PC128
  • Anker PowerPort Atom PD 2

調べた内容は、USB-CのUSB-PDのPDOと他の充電規格への対応状況、あとは複数ポート使用時の出力の変化です。複数ポート使用に関して、今回は検証用のテスタを繋ぎつつ、さらに片方がUSB-Cでもう片方がUSB Micro-Bなケーブルを繋いでみました。

まずはHyperJuice 100W GaN ACアダプタです。合計出力は100Wで、USB-Cの単一使用であれば最大100W出力できます。

HyperJuice 100W GaN ACアダプタ

出力ポートはこんな感じで、2つのUSB-Cと2つのUSB-Aです。

HyperJuice 100W GaN ACアダプタのポート

コンセントに挿すプラグを出すときに鋭利な角に触れ、少々気になりますね。

HyperJuice 100W GaN ACアダプタのプラグ部分

重さは実測で201gです。まあまあずっしり感はありますね。

HyperJuice 100W GaN ACアダプタの重さ

PDOはこんな感じで、5Vが2.4Aになってるなんてこともなく、問題はなさそうです。PPSは非対応ですね。

HyperJuice 100W GaN ACアダプタの単一ポート使用時のPDO

他の充電規格への対応は以下の通りで、いろいろ対応しており、USB-Cの規格に違反していますね。

HyperJuice 100W GaN ACアダプタのUSB-Cの充電規格対応状況

USB-Cの複数使用の際のPDOは以下の通りです。さすが合計100Wの高出力、両方のUSB-C使用時でも片方は65Wも出ますね。ちなみに出力はポートによって固定されているわけではなさそうです。ですので、同じような出力を要求する機器を接続したときにどのような出力をされるのかは、繋ぐ順番などによって変わってきそうです。

HyperJuice 100W GaN ACアダプタの複数ポート使用時のPDO

次にCIO LilNob 65W GaN ACアダプタです。合計出力は65Wで、USB-Cの単一使用であれば最大65W出力できます。

CIO LilNob 65W GaN ACアダプタ

出力ポートは2つのUSB-Cと1つのUSB-Aですね。

CIO LilNob 65W GaN ACアダプタのポート

重さは実測103gで、合計3ポート備えた65Wと考えると、かなり軽いほうじゃないでしょうか。

CIO LilNob 65W GaN ACアダプタの重さ

PDOは以下のような感じで、問題なさそうですね。PPSにも対応しています。

CIO LilNob 65W GaN ACアダプタの単一ポート使用時のPDO

他の充電規格への対応は以下の通りで、先のHyperJuiceと同じようにいろいろ対応しており、USB-Cの規格に違反していますね。

CIO LilNob 65W GaN ACアダプタのUSB-Cの充電規格対応状況

USB-Cの複数使用の際のPDOは以下の通りです。この製品は両方のUSB-C使用時、USB-C1が45W、USB-C2が18Wと分かれているので、繋ぐ場所さえ間違えなければノートPCとスマートフォンの同時充電ということも、ぎりぎり可能そうです。

CIO LilNob 65W GaN ACアダプタの複数ポート使用時のPDO

少々写真が多くなりましたので、記事を分けたいと思います。なお、いつも通りなら1ヶ月後とかになってしまうのですが、なんと今回は写真を出力済みですので、なるはやで出せる予定です。次をお楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。